読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

修行@ホーチミン

ホーチミン長期出張の日記です

macOSでnginxを使ってみる

Install

下記のようにbrewを用いてインストールできます。

$ brew install nginx

 

確認

下記のようなディレクトリが作成されます。

/usr/local/bin/nginx
/usr/local/Cellar/nginx
/usr/local/etc/nginx
/usr/local/opt/nginx
/usr/local/var/homebrew/linked/nginx
/usr/local/var/log/nginx

静的資源のドキュメントルートは、下記のように設定されているみたいなので 絶対パスは/usr/local/var/wwwになりますね。

$  ls -l /usr/local/Cellar/nginx/1.10.2_1/
lrwxr-xr-x  1 XXX  XXX      16 11 10 17:31 html -> ../../../var/www

なので、初期設定http://localhost:8080でアクセスした場合はこのファイルがブラウザに表示されます。

/usr/local/var/www/index.html 

 

設定ファイル

設定ファイルは下記で、これを編集していくのがメインとなりそうです。

/usr/local/etc/nginx/nginx.conf

今日は自分が配置した、静的資源を表示するところまでに留めておきます。

※今後URLのパスによって、裏でアプリを動かしたりするところまでが目標なので、すべてが理解できたところで再度記事を書こうと思います。

 

超初級チュートリアル

nginx.conf

http {
    
    #省略

    server {
        listen       80;
        server_name  bebe-test.com;

        location / {
            root   html;   
            index  index.html index.htm;
        }
}

最低限の修正箇所を記載してますが、それぞれ下記のような感じです

  • listen → ポート番号
  • server_name → サーバ名(ブラウザに打ち込むURL)
  • location → サーバ名に続くパスを指定
  • root → ルートディレクトリを指定

※ルートディレクトリは先ほど説明したデフォルトを使用(html -> /usr/local/var/www)

静的資源の作成

$ cd /usr/local/Cellar/nginx/1.10.2_1/html/
$ vi index.html

hosts設定

127.0.0.1    bebe-test.com

nginx起動

下記コマンドで起動(sudo は指定したポートが1024番以降は不要)

#起動
$ sudo nginx

#停止
$ sudo nginx -s stop

#再起動
$ sudo nginx -s reload

※PATHに/usr/local/binを事前に追加しておいてください

$ export PATH=$PATH:/usr/local/bin

 

これらの設定で、server_name bebe-test.comにアクセスすると

/usr/local/Cellar/nginx/1.10.2_1/html/index.htmlが表示されるようになります。

簡単ですが、初心者中の初心者のメモ書き程度と思っていただければ...